旅行

2018年6月 1日 (金)

軽井沢旅行2日目

おはよ~

37

夜は1時半に一度オシッコに出したけどそれ以外は朝まで自分のベットでしっかり寝てくれました。偉かった~ヽ(´▽`)/

 
 
 
 

38

朝の空気はいいねー


 


ごはんの前にちょっと歩いてこよう

391_2
411_2

しゅっぱ~つ




 

44_243_3

いやぁー気持ちいい

 

 
 

421

最高だね~♪
(尻でかいね~(笑)


 

462

朝食にもおりばーごはんお願いしました。



 

49

たのしかったぁー オリバーもいろんなニオイ嗅いでいっぱい歩けたね^^


 
 
 

821

また旅行できたらいいなぁ


 

ホテルをあとにして以前にも何度かいったFLOWER FIELD GARDEN'Sへ

811

植物も買いたかったけど今回は割愛

 
 


51

その中にあるRK GARDENでお友達と待ち合わせです
お昼頃行ったので1時間くらい待ってやっと入れたよ^^;


お相手は2016年軽井沢旅行 の時に出会ったおともだち

531

テリーさん☆丸顔のめっちゃ可愛い子です^^ 一年ぶりだね~






521

こちらお馴染みおりべさん。仙人みたいになってきた(笑)




RKガーデンはビーガン料理のお店。
ビーガンは肉、魚にくわえ、卵、乳製品等もNG

61
65

(上)Nのクロックムッシュ、(下)私のラザニア
チーズやクリームのようなものは豆乳製と書いてあったはず。
正直ビーガンが食べたかったわけではないけど(笑)食べてみたらおいしかった!
普通のごはんよりはさっぱりだと思うけどちゃんとコクもあるし野菜もとてもおいしい。
何より見た目が美しいʕ •́؈•̀ ₎


オシャレ店内

54_255
5657

ソファ席があったりとてもくつろげるお店。そこにワンコOKだなんてほんとありがたいです。
 
 
 
 

67
66
69

テリさんほんといい笑顔だ♪
 
 
 
 
 

60

オリバーは眠くてしかたない(* ̄ー ̄*)





70

これおいしかった。エルダーフラワーと炭酸かな。身体によさげです( ˘ω˘ )


72

優しそうなパパさんとおもしろママさんありがとう♪テリさんまたね!



2日間とも晴れて暑すぎなくてちょうどよかった。しあわせな時間でした。
おりばー16年一緒にいてくれてありがとう。それしかない。でもまだまだまだまだがんばってね(*^-^)

231_2

| | コメント (8)

軽井沢旅行1日目

11

5がつ26にち

Happy Birthday OLIVER heart
おりばー16歳の誕生日を迎えられました。こんなにがんばってくれるなんてね。おりばーほんとにありがとう。
嬉しくって今年もお誕生日旅行に行くことにしました。
オリバーにはこの時期もう暑いから、、近くで涼しいところというとやっぱり軽井沢だね。
去年は雨だったけど今年は天気にも恵まれました。

まずは車の中で調べたテラス席ペット可のお蕎麦屋さんへ。(途中にあった公園で軽くお散歩)
 


お昼時だったけどすんなり入れてヨカッタ。

111

「東間(とうま)」さん。お蕎麦とごぼうの唐揚げとだし巻き玉子。
気持ちのいいお庭でオリバーとお蕎麦が食べられるなんてそれだけでありがたいヽ(´▽`)/ナイスランチでした。


チェックインまで少し時間があるのでお茶をすることに

19

「万平ホテル」

明治27年(1894年)初代 佐藤万平が亀屋ホテルとして創業。2年後に萬平ホテルに改称。日本の西洋式ホテルの草分けとして世界の要人や文化人を迎えた。1936年今もそのまま残る本館アルプス館が完成。萬平ホテルから万平ホテルに改名。ジョンレノンが1976年から亡くなる前年まで毎年アルプス館で過ごす。
 
 

141

“ジョンレノン直伝ロイヤルミルクティー”とプリン、ケーキを頂きました。
オリバーもイチゴもらったヨ^^

 
 
 

154

ロイヤルミルクティーほんのり甘くておいしかったー♪
そしてこのカップ&ソーサーが可愛すぎる(〃▽〃)売店に売ってないかな!?
Nとオリバーにお散歩しててもらって会計ついでにホテル内うろうろ
 
 
 

13

本館は当時のままだもんね。いい感じ~ こういうとこ大好き。

 


 

16_2

17

20

接収かぁ。こういうの私に描かせたらうまいな(笑)
資料室とかゆっくり見たかったけど外で待たせてるので急いで売店へ。
へへ。カップありました~。高からず安からず。ま、私も誕生日ってことでゲットしてきた♪


今回の宿はレジーナリゾート旧軽井沢
オープンして半年ちょっとなのでピッカピカ。去年の御影用水(軽井沢)より大きいのかな。部屋数が多そうだわ。
部屋の作りは似てるけど御影用水よりリラックス感がある。(御影用水は床もタイルでよりスタイリッシュ)

18_3

トイレシートだと後ろ足が滑りやすいので1Fのラン付きのお部屋にしました。たすかる~


ホテルから旧軽井沢の街中まで20~30分歩いたかな
19時の夕食まであまり時間がないのでオリバーは歩かせたりカート(バギー)に乗せたり。

241

チャーチストリート軽井沢 のコトノイトさん、オリバーも一緒に入れた。ありがたや~
すっごくいいニオイのキャンドルを買ってきた。Usedの食器があったり楽しかったな。また軽井沢に行くことがあったら是非行ってみよ。
あと本に出てたcoriss さん。pot and teaのバックとか見たかったものがあった。所狭しと物が置いてあって面白い。フレンチブルの靴下もたくさーんあってすげ時間かかってしまった。

オリバーどんどん歩くからつい歩かせちゃうけど、歩かせすぎってこともあるのかな? 
 

22

途中でみかけたちょうどいいレトロ感




19時~ごはんです

261

オリバーおめでと~!私もおめでと~(笑)
オリバーにもSサイズのごはんをお願いしておいたヨ




301_2

ボロボロこぼしながら一気にたべた。よかたね~^^
オリバーが終わってから私たちもゆっくり頂きました。




251

万平ホテルのケーキがややひびいたけどおいしかった。完食(o^-^o)

 
 


35

部屋に戻って少し休憩



のんびりしてると寝ちゃいそうなのでバーにいってお願いしておいたケーキを頂きました。“ご宿泊当月がお誕生日の愛犬に無添加バースデーケーキご提供”

33
341

わ~うれしい~
(o^-^o)
ケーキ大きかったので半分だけあげました。
Nはハイボール、私はミルクにサクランボリキュールが入った“ふわり”というカクテルを作って頂いたよ。めっちゃおいしかったです。
たのしかったな~また明日


361

| | コメント (0)

2018年4月10日 (火)

ベトナム旅行5日目(ハノイ、バッチャン→成田)

ホテルの方にバッチャン村まで行きたいとつげ待機してるタクシーにその旨伝えてもらう。(タクシードライバーはベトナム語オンリー)
ホテルの方が帰りはどうしますか?と。
帰りはバスかタクシーで適当に( ̄ー ̄)/と言ったらちょっとシブい顔してた。どういうことだろ!?

ハノイを離れるとどんどん寂しい道になってきてなんだかすんごい所に向かってるけど大丈夫だろか、、と不安になってきた;NはGoogleマップみながら平気そうにしてるけど・・
40分弱かかったかな。バッチャン村到着。
(タクシーVND350,000)
 

バッチャン焼
バッチャン村で15世紀頃から陶器作りが始まった。北部での陶器生産の拠点となっていった。16世紀頃には日本にも輸出され茶人たちが広く愛用。
バッチャン焼とはバッチャン村で生産される陶器のことで、村以外で作られた陶器はバッチャン焼とはいわない。

792_4

あれっ・・?観光客がいない・・・ えっ・・
たまーにいるお客さんはベトナムの方のような。
これ、帰りのタクシーなんているのか!?

ガイドブックみると
「バス」→ハノイロンビエンバスターミナルから市バス47番を利用し終点下車。所要時間約40分。VND7000。帰りも同じ場所から出発するのでバスの時刻表を確認しておこう
「タクシー」→ハノイ中心部から約20分。帰りはタクシーがいない場合があるため店でタクシーを呼んでもらうか事前の往復交渉が安心。

802_3

うわーほんとにそうなんだ。
そうは書いてあってもタクシーくらいいるでしょ、っていうNの余裕綽々な言葉を信じてもうた。タクシーなんていなーい。バス停見つかったけど時刻表なんて見当たらーん(* ̄ー ̄*);

とりあえずサクッと買うものかってしまおう!ってお店をみてまわった。

市場のようなところがずっと続いてここだけでたくさんあるんだけど、本に出てる「バッチャンコンサベーション」ていう所は“1~3階が店舗で4~6階が工房の大型店。日本への配送も可能だ”

店内写真が載ってて、キレイだし大型店ならここに行っとけば間違いないね!ここ行こう!てことで本の地図を頼りに歩いた。


しかし・・歩けど歩けどみつからない

812_3

めちゃくちゃ歩き回ったけどその間も観光客にはあわないし、ちょっと違う方にいってみるとますます寂しくなるし、さっぱり分からん((・(ェ)・;))
工房らしいところがずっと続くけど英語はまったく通じなさそう。
Nが地図みてくれてるのにこれだけ見つからないんじゃ地図がザックリし過ぎてるんだ。。コンサベーションは諦めて最初のテントのところで買おう。

観光客もいない、言葉は通じない、ちゃんと帰れるのかー?ほんとに遠くの村に来ちゃったよ~感いっぱいで買い物にも集中できない私( ̄▽ ̄);
今となってはあんまりバッチャン買ってもトラウマ的に家でみるたびに怖くなるんじゃないか、とまで思って、、結局お皿2つとお茶碗2つで終了した。。

バス停に行ってみると、なんとちょうどバスが来た!47て書いてある!!
様子見てたら高校生くらいの女の子3人が乗り込んで発車を待ってる様子。いつ出るのか分からんがとにかくコレしかないと私たちも乗りこんだ。
運転手さんは下りちゃったし車掌さんらしき人は爆睡してるけど何時間後とかだったらどうするよ??、、と不安の中まってたら15分くらい?で出発する雰囲気に。
車掌さんが切符を売りにきた。
VND7000/1人 安っ!
これで帰れる~(;ω;)

832_2

途中からおばちゃんや学生さんものってきました。
私がめっちゃ不安になってた間Nはとにかくコンサベーションを見つけたくて必死だったらしい(笑)不安じゃないならもっと盛り上げて欲しかったわー(@Д@;
それにしてもガイドブックに出てる観光地的なところにもほんとに英語が書いてない。日本もそんなもんか。でも会話ができないとしてもやっぱり英語表示はあるといいねー。

約40分でハノイロンビエンバスターミナルに到着。ハノイだぁ~ホッとする~
またガンガン歩きます。 

そしてようやくホテル近くまできた。チェックアウトまで少しなら時間あるしカフェに行きました。

931

コンカフェ。ハノイ発の人気カフェです。ベトナム全土に増えているらしい。ココの店舗は小さめだったけど行きたいカフェの一つだったからうれしいʕ •́؈•̀ ₎
 
 
 
 

94_2

コンカフェはベトナム戦争時代の北ベトナム軍の作戦基地をイメージしたカフェなんだって。
店舗にもよるのかな。ここはその感じは薄かったけど、お店の外にいたお兄ちゃん(店員さん)は深緑色の軍服風の制服をきてた。
 
 

 

95_2

かわいい
 

 

これこれ、これが飲みたくてきたんだよ~ʕ •́؈•̀ ₎

922_2

ヨーグルトとコーヒー? え??って感じだけど、とてもおいしかった!
濃いベトナムコーヒーだから合うのかな。
(ヨーグルトコーヒーVND40,000×2) 

 
 

A2A31

この極彩色クッションも好きなんだよね~。中国の柄だよね。

コンカフェがホテルのすぐ近くにあって助かった。時間があったらベトナム×フランスみたいなタイル貼りのレトロカフェとかいろいろ行きたかったけどね。
急遽バッチャン村まで行っちゃったしね。その割に買ってこなかったけどね( ̄▽ ̄); でも冒険の旅て感じでたのしかった。後になって言えることだけど(笑)



そうそう、ベトナムはあちこちにこういう看板がある

88

87

P3120405

プロパガンダ看板。内容は分からないけど政治的なメッセージが書いてあるんだろうね。
一見ポップで目を惹くけどこれをみかけるとベトナムは社会主義の国なんだなぁと思った。
旅行客にはアートとして人気みたいね。お土産でプロパガンダポスターとかグッズがたくさんあるらしい。
 
 
 

44

大教会の前にあったコンカフェの横にプロパガンダポスターっていう看板みかけたんだよなぁー。行ってみればよかった。買ってくればよかった(´-д-`)
 
 
まぁそんな感じで旅は終了です。

ベトナムとても好きな国だった☆
社会主義国ってどんなだろう?って思ってたけどちょっと旅行したくらいではそれは分からなかったし、南部のホーチミンはさらに民主化が進んでいるんだろうね。
ベトナムの人は自転車やバイクにものすごい巨大な荷物を積んで走ってた。車はまだまだ一部の人が乗る高級な乗り物なんだろうな。海外でもアジアの国に行くと感じるものがとても多い。勉強になる。
ベトナムはいい意味のアジアの土臭さと中国と(フエやホイアンは漢字がいっぱい)フランスのオシャレ感が混ざってて面白い。
また行けるなら次はハノイとホーチミンかなぁ。ハノイはまだまだ見足りなかったし、バッチャンでリベンジしたい(笑)

それと、やっぱりフリーの旅は面白い!移動手段も自分たちで考えて、どうにかこうにか英語も使ったりして。
くっついてあちこち連れてってもらうツアーより何倍も濃いな。たのしかったよぉーー

901_2911

ウエルカムドリンク券みたいのもらってたのでチェックアウト後20Fのラウンジで時間をつぶしました。

空港でなんとかお土産をゲット。
スマホの歩数計をみると、なんと 33,000歩オーバー!すごいわーーー私たち。人生イチ歩いたな。
 

----------

15

今日のオリバーちゃんは排泄はおしっこのみ確認しています。うんちはまだ確認できていないので引き続き様子をみていきたいと思います。
今朝はたくさん歩いていました。今はお部屋でスヤスヤしています。引き続きお預かりいたします。

あと24時間以内にお迎えだーー(≧∇≦)

----------

帰りもベトナム航空。ハノイ発0:40 

11

富士山が見えた

7:00成田着。車で山梨に戻りオリバーの病院に直行。11時過ぎにつきました。
オリバー元気でいてくれたよぉ~会いたかったよぉ~(;ω;)帰りの車でいっぱい舐めてくれた。
 
 

12

そのまま美術館でお散歩したら嬉しそうに歩きました。ちゃんと歩けてたしうんちも正常に戻ってた。
どれくらいケージから出してもらえたかは分からないけど病院にも感謝です。
これからはずっとおりばーファーストでいくからねヽ(´▽`)/

 
そうそう、今回こっぱずかしいがちょいちょい人間も登場してみた。デブまるだしだけどやっぱりたまに自分たちがいると思い出がよみがえるなぁ~と思って( ˘ω˘ )♪

132

| | コメント (2)

ベトナム旅行5日目(ハノイ)

最終日は夕方までハノイを歩きます。6:00pmチェックアウト、8:00pmJTBのお迎えで空港にいきます。

A42

ハノイのホテルも器はバッチャン焼き。バッチャン焼きいっぱい買うぞ~( ̄▽ ̄)
 
街の中心に向かいます。
JTB係員さんは遠いからタクシーで行ってくださいと言ってたけど大丈夫。歩いてみよう♪

 

181

パンパシフィックハノイはタイ湖畔にありました。

 
 
タイ湖
首都でありながら多くの緑と湖があり穏やかな時間が流れているハノイ。その中で最も大きく美しいと市民に愛される湖。周囲約14km

191_2

向こうに行きたいけどなかなか途切れない。信号がないからどうにかしないと一生渡れない、、
でもだんだん慣れてくるとひょいひょい行けるようになってきてたーのしー♪
 

 
 

A52_2

あちこちに軍服のようなもの着た人が立ってました。どこかにカメラ向けた時に“コラ!ここはダメだ!”ってすっ飛んできそうになってちょっと怖かっただ( ̄ー ̄)、、

 


 

26_3271

ホイアンは街全体が観光地という感じだったけど、ハノイはリアルに人が生活してる街で面白い。
紙地図とスマホをみながらNに右だ左だ指示されます。
  
 

しばらくいくと広ーい敷地につきました。

281

ホーチミン廟
1975年9月2日の国慶節に建てられた。内部の部屋に永久保存処置を施されたホー・チ・ミン主席の亡骸が安置されている。

入場口に何百人もの人が列を作って並んでいました。
ホー・チ・ミンはベトナムの人にとってとても大きな存在なんだね。勉強せねばね。
 
 

30_2

草取りなのか草刈りなのかすごい面積を手動でやっていました。
 
 


 

36

オレンジ色の花がたくさん咲いてたよ。当たり前だけどあらためて日本とは気候が違うんだなぁ~


 


411_2

大教会
1886年、仏教寺院跡に建てられた聖ヨセフを祀る協会。フランス統治時代の1912年に現在の姿であるネオ・ゴシック様式に改築された。

へ~。こんなとこチェックしてたんだ?って聞いたら“昨日のJTBのハノイ観光日程に書いてあった”って。まさか同じとこ全部周るつもりじゃ・・(笑)
  
 

43

ホアンキエム湖
ハノイ市街の中心部にあり市民の憩いの場でもある。もともとは紅河が氾濫してできた細長い湖で、16世紀頃ふたつの湖に分かれ左望湖と呼ばれた今のホアンキエム湖が残ったと言われる。

カフェどこにしよう~って考えてたら入りそびれてどんどん歩くはめに。ホアンキエム湖を囲んで並んでるベンチで少し休憩。
そしていよいよ旧市街♪私的にはハノイは旧市街以外とくに考えてなかったからここにたどり着けたら満足だぁ~


旧市街
細い道が入り組み独特の情緒が漂うエリア。11世紀に李朝が宮廷への貢ぎ物を作らせるために各地から職人を招集し住まわせたのが始まりといわれている。各通りごとに同ジャンルの人たちが店を構えている。金物やさん通り、楽器やさん通り、手芸やさん通りなどなど、36もの通りがあるそう。

491_3551_2
591_2571_2

ハノイ全体、ゴチャっとした雑多な街という印象だけど、旧市街はその最たるもの。もっと観光地化してるのを想像してたけど違った。ここはハノイの人の生活の場所なんだね。
郊外でイオンもみかけたくらいだからどこかに行けばスーパーやデパートもあるんだろうけど、道端で肉屋さんが肉を切ってそのまま並べて売ってたり、いろいろ感じるものがありました。


A6_2

あちこち見てるだけでおもしろい
 
 
 
 

702_3

持ち帰ったりその辺で適当に食べるのかな。色使いが可愛いー

 
 
 
 

68_2

このお店でベトナムコーヒー用のフィルター買いました。それ以外は何もゲットできていないーー
お土産とバッチャン焼きどっさり買うつもりだったのにどうしよう(゚ー゚;
(バッチャンはドンスアン市場にあったらしい、と後で知った。通り抜けただけでスルーしちゃった(;´д`)トホホ…)




741

Nがバッチャン村に行けないこともないけどね、と言う。マジで!?そんなとこまで自力で行けるの??
ハノイから意外に近く、タクシーで30分くらいだと。

よーしこうなったら思い切ってバッチャンまで行ってみよう。それでお土産もバッチャンで買ってこよう( ̄▽ ̄)
いったん戻ってホテルからタクシーでGOだ♪

 

7677

よし、ホテルみえた。よし。

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

ベトナム旅行4日目(ダナン→ハノイ)

夕方の便でハノイに移動します。
 
1

今日でプルクラ(ホテル)ともお別れだ~
寂しいけど日程が進んでいくということはオリバーを迎えに行く日が近づくということで。嬉しい(;д;)
 
 

 

152

この日はいちばん天気がよかったかな。
そう、トカゲがいた。ふだん家(庭)でみるのとはさすがに違うね。カッコイイーー☆
プルメリアもガーデンショップで見ると毎年相当悩むんだけど、今年出会ったら迷わず買ってこよう。そんでダナンの思い出にひたるのだ(〃 ̄ー ̄)
 
 
 

131

この葉っぱなんだろね。オーガスタ?巨大~
 
今回ビーサン持参してたんだけどそれは使わず、お部屋にあったスリッパ代わりの草履みたいなサンダルを履かせてもらってた。快適~ 
 
 
10:00am~アロママッサージ(60分)
 
1711
(写真頂きました)

2人とも初アロママッサージ。
ハーブ?が入った桶にしばらく足をいれて、その後全身のマッサージをうけました。
始まる前に受付で日本語のアンケートに記入した上で、ベトナム語に聞こえる英語(笑)でオイルの種類を選んだり、強さはどうするかを聞かれた。ミドルorストロング?さえも3回くらい聞いてやっと分かるという情けなさ、、 
ミドルでお願いしたけどなかなか強かった。何かが流れていく感じがしました。チラッと隣みたらNがみえて非日常な状況に笑った。


時間もあるのでバユでお昼ごはん頂くことにしました。

1819
20_221_3

初日の夜に食べた揚げ春巻きが忘れられずもう一度!あーまた食べたいーー
この海鮮焼きそばもおいしかったヨー♪
 
 
 
 
滞在中バユでサーブしてくれてたお姉さん。このお姉さんに「サンキューマ~ム」って言われる度になんか照れちゃった(*´Д`*) 

222_4

↑写真撮らせてくださいってお願いしたら “恥ずかしいー(*´ェ`*)”
そのあと、私と一緒に写ってくださいって言ったら、“キャーどうしましょう(/ー\*)”って。可愛い人だったぁ~
 
 
 

デザートはやっちまいました(;;;´Д`)ゝ

251261

チェーが食べたくて、“コレ”ってお願いしたら、“3つ入ってますよ”って言ってるのが分かったんだけど、
ひとつのチェーに3種類の具が入ってると思ったら、完全に3人前でした(≧∇≦);あんどボリューミーなプリン!
が、しっかり完食ッス。お味は間違いないおいしさでした♪♪

最後に初日の夕食の時にサーブしてくれた女性がテーブルまでいらして
“今日このあとチェックアウトですか?お料理はいかがでしたか?またベトナムにいらしてくださいね。ステキな旅を”
てなことを言ってくれた。この方もとてもステキなベトナム女子。
リゾート地のホテルでゆっくり過ごすのが初めてだったからこんな風なこと言われたのも初めてでなんか嬉しかったぁ。
ほんとにまた来れたらいいなぁー

3732

ノンラーがハマる小太りおじさん。
 
 
 
チェックアウトして空港へ。
迎えにきてくれたJTB係り員はフエ観光の日のお兄ちゃんでした。最後までアンニュイな空気だしてました( ´艸`)プププ

28_329

↑いつもにもまして膨らんで写ってておもろかった。(アニメ加工)

ダナン17:15発、約1時間半後ハノイに到着♪
空港からJTB現地係り員さん(おばちゃん)とホテルへ。 

車の中で“明日はどんな予定ですかー?JTBオプショナルツアーぜったいイイですヨ!ここに行きます、〇×にもいきます、ぜったいイイです。全部周れます”と猛烈プッシュされた(* ̄ー ̄*)
Nがいちおうって予定表を見せてもらって、“でも大丈夫です、自分たちで行ってみます”って返した後もまだプッシュが続いたけど、私が「いいです」って言ったらピタッと終わったわ。ハハハ
その後は親切にいろいろ教えてくれたよ。
ベトナム初めてなら屋台のものは食べない方がいい、タクシーは緑のマイリンタクシーが安心、道路はがんばって渡ってくださいとか(笑)
 

30

パンパシフィックハノイ泊。



外に出てみたものの、ダナンどころではないバイクの激しさよ、、
信号のないこんなところを渡っていかねばなりませんぬ。

33_2

ムリでしょΣ( ̄ロ ̄lll)?と思ったけどどうにか渡りケンタッキーで買って部屋で食べました。
(ケンタッキーVND118,000) 
 

 
 

3431

はー面白い。異文化面白い^^

 
 

----------

16_2

「おはようございます。今日のオリバーちゃんご飯は完食してくれています。
排泄はうんちおしっこ確認できています。便の様子は今朝も一回下痢をしており飲み薬を処方しました。それで様子をみていきたいと思います。
元気はありよく歩いています。引き続きお預かりいたします」

食欲あって歩けてるならよかったヽ(´▽`)/
あと少し頑張ってくれぇぇ

| | コメント (0)

2018年4月 6日 (金)

ベトナム旅行3日目(ホイアンその3)

A16

路地って味わい深い。もっとディープなとこも行ってみたかったな~( ^ω^ )
 
 
 
 
 

A172_2

街全体想像以上にランタンだったぁ~ 人気が出て年々ランタンが増えて、ますます観光客も来るようになったんだろうね。
原色のだけじゃなくて微妙な色合いだったり繊細な柄だったりお店の色に合わせてあったりカワイイ(o^-^o)♪

なんだけどちょっとランタン多過ぎでないかね?街並みより目立ってるような。もっと黄色の壁とか建物に目がいくように・・なんて思ったりもしたけど、私がランタン好きだから見ちゃうだけか(笑)
古い建物とランタン合うんだよね。フーンフンの家とかオールドハウスの中にもぶら下がってたし、きっと絶妙なバランスで配してるんだろな。
10年以上前に読んだベトナム旅行記には“ホイアンは素朴”って書いてあったけど、その頃とはずいぶん変わっただろね。

夕方になってどんどん人が増えてきた。
 

85
84

よし、そろそろナイトマーケットせめるかʕ •́؈•̀ ₎

 
 
 

C11


 
 
 

1315

わーお祭りみたいだよ




きたー!ランタンやさん!!

25_2
29

徐々に点灯されてきてる!
 
 
 
 
 
 
C111_2

へへ、さっそく買っちゃった。わ~満足だぁ~

カフェのカウンターでお茶しながら暗くなるのを待った。
あ、途中からNがバッグもってくれた。根性なくてすんません、、
 
またちょっと歩いてみるかーっと川沿いにいったらそっこう捕まったぁー
 
A12

灯籠流しもやるつもりでいたんだけど、まだ暗くなってないのにぃぃ(笑)
しかも、ガイドブックでだいたいの相場知ってたのに、ハウマッチ!?と何度聞いても “いいからまずヤレ”って棒を持たされた。うわーぜったい高いに決まってる!
まぁいいけど、、って流したら、次はNも持たされてるし(゚∀゚);(私だけで十分て思ってた)
2人とも終わるとVND20,000×2でVND40,000だてー。本にはVND10,000~て書いてあったぜよ。
最初からひとつVND20,000て言ってくれたらそれでも(たとえ高くても)やったのになぁ。

ばーちゃんが無言で圧力かけてくる感じが何ともいえなかった(^-^;
Nはこういう時「でもあのおばあちゃんが少しでもうるおってくれればさ(゚ー゚)」とか言うんだよね。いやいや実はお金持ちばーちゃんかもしれんし(笑)なことはないか。
まぁそんなオバーサンとのやりとりも含めて面白かった。
みんなのシアワセと、オリバーが元気に帰ってくることを願いました。
 

31
32

こうやってみるとヨーロッパみたいだ
 
 
 
 

361
421
381

見たかった景色が見れたぁ~
 
 
 

まだ時間まで1時間以上あるけど疲れ切ったのでバスの場所に向かいました。

C12

そういえばシャトルバスってホテル名くらい入ってるのかな?何も聞いてないけどどうやってみつけてもらえるんだろ( ̄ー ̄);?

20:00pm少し前にバス到着。よかったープルクラって書いてある!場所合ってた!
近づいて“go to プルクラ?”と聞くと、「Room number 19?」と言われた。
“イェ~ス イェ~ス♪”
あ~これでホテルに帰れそうだわ。よかったぁーヽ(´▽`)/
たのしかったぁーー

461

| | コメント (0)

ベトナム旅行3日目(ホイアンその2)

ごはん休憩後は日本橋に行きました。

11


来遠橋(日本橋)
1593年に当時ホイアンに住んでいた日本人と中国人によって架けられたといわれる瓦屋根付きの橋。現在の橋は1986年に修復されたもの。
橋の中央部にある祠への入場は要チケット(橋の通行は無料)
 
 


12_3

カタカナでホイアンって書いてある(笑)


 
 
 


131_3

 
 
 
 
つづいて日本橋のすぐ横

11_2

フーンフンの家(馮興家)

約200年前に建てられた貿易商人の家。壁はベトナム、柱やドアは中国、屋根は日本と3国の建築様式を取り入れた木造家屋。
洪水に備え、2階の床には1階から物を運びあげるための窓がある。現在は8代目が居住中。

 
 

111_2

しもたー、床の窓なんて見てなかった⤵⤵

 
 
 

121_2

この空間カッコイイな
しかし、自分の家に毎日観光客が来るってどんな感じだろ??別にもうひとつ家があるのかな。



 
51

街並みを見ながら歩いたり



川沿いを歩いたり

56

たのしい(〃 ̄ー ̄)

 
 
 
修復しつつこれからも出来るだけ昔の空気は残してほしいなぁ
 
41_257_2
6153

古い建物をいかしたオシャレカフェやお店がいっぱいです。
 
 
 
 
 
45_2

オーダーの洋服やさんもいっぱいあったー。アオザイとかコートとかいろいろ並んでた。

 

 

ふたたびチケットの建物に入ります。

10


ドゥックアンの家(徳庵家)
チケットで入る建造物の中ではややマイナー?なのかな。ガイドブックにはほとんど載ってない(なんでここに入ったんだっけな)
それだけに空いててゆっくりできました。
 
 
 
15_2

171

タンキーの家、フーンフンの家と比べると素朴な感じがした。
写真ボケちゃったけど薬箱のような棚が並んでた。薬やさんだったのかね。



なんかやっぱり体調イマイチの中、斜めかけバックが肩にくいこんで余計気分が悪くなってきたりして。
前に夏フェスの時も重いリュックでやられたんだよな、、。肩に重みがかかると気持ち悪くなるらしい。。

76

↑この黄色の塀に座ってしばらく休んだ




しかーし暗くなるまでまだまだ頑張らねば~
シャトルバスは8:00pmだし( ̄▽ ̄);

63

↑お気に入りの一枚。
コワイ(笑)




チケットまだあります。

12_5

11_7


福建會館
ベトナムの華僑の人々が集う集会所の中でも最大級。福建會館には敷地内に寺院があり、彼らの多くが信仰する航海安全の守り神、天后聖母が祀られている。
フエでもそうだったけど、床が可愛くて撮っちゃうわ。



もうひとつ

11_6

ここはササッとみて出てきちゃった。ランタンたためるから邪魔にならないで持ち帰れるよとアピールされた( ̄ー ̄)
知ってる。大丈夫。ナイトマーケットで買いまース♪

| | コメント (0)

2018年4月 5日 (木)

ベトナム旅行3日目(ホイアンその1)

B1

12時に予約しておいたタクシーでホイアンに向かいました。ベトナムの車の運転はなかなか激しいけど、ホテルで呼んでくれるタクシーは安全運転です。徐々に道路沿いにもランタンの飾りが増えてきた。わ~ホイアンだよ~(〃 ̄▽ ̄)

運転手さんが車をとめて後部座席の私たちをみて、「車は・ここまでしか・入れない。ここからは・歩いて」ということを、無言でジェスチャーのみで伝えてきた。ベトナムは基本チップはナシでいいそうだけど、少しだけ多めに料金渡したら、「チップ!?サンキュー!」とニッコリ笑ってそこだけは英語だった(笑)
この何日間で関わったベトナムの方、とくに男性だけど、素朴で控えめで信用できる感じ。なんか好きだナ。
ランタン~ ホイアン~!
(タクシー プルクラリゾートダナンホテル→ホイアン)VND240,000)

ホイアン
約180年前の街並みを今に残す旧市街には趣ある古い木造家屋が立ち並ぶ。街並み全体が世界遺産になっている。15世紀にはアジア諸国とヨーロッパを結ぶ国際貿易都市として繁栄。16世紀には日本街があったとされ来遠橋にもその面影が残る。日本、中国、ヨーロッパの貿易商が駐留していたため各国の建築様式が入り交じる街並みが生まれた。しかしその後日本は江戸幕府の鎖国政策、オランダ商館の閉鎖、トゥボン川の自然要因等で19世紀にはその地位をダナンに譲り街も衰退した。しかしそのためホイアンはベトナム戦争の戦火を生き延びた。
 
 

A011

ホイアンの街は小さいようだしすぐに一周歩けそう。とりあえず調査だす。
が、朝からオリバーのことで動揺したのと、ちょっとタクシーに酔った感じで嬉しいのに体調いまひとつ、、

 
 
 

B15

この写真なんか好きなんだよねー。自転車おばちゃんとランタンがいい感じ。

 
 
 
 

A11_2A15A16
A22_6A23_2A013_2

車を降りて最初は市場があったり地元の方の生活エリアといった感じだったけど、旧市街に近づくにつれてオシャレ感が増してきたヨ

 
 
 

A121
 
旧市街の観光エリアに入るには何か所かある販売所のどこかで5枚綴りのチケットを買います。そして指定の歴史的建造物に入るときはチケット渡します。
プラプラ歩いてたらお姉さんに呼び止められたから何かの物売りの人かと思って、ハイハイいりませんよ~ってスルーしたらもう一度呼び止められた。あーここでチケット買うのね(^-^;
(5枚綴りチケットVND120,000)

そうそう、まずは帰りのバスの場所調べておかなきゃね、って集合場所さがして歩きました。
地図をみるのはNの係り。ワダスは地図の読めない女(アンド方向音痴・・。)
海外ではお金もNにまかせきり。20,000ドン?で、それいくら( ・∀・)??みたいな。
20時のプルクラのシャトルバスに乗せてもらうんだけど、ホテルでもらった地図がちょっとわかりづらかった
 
A211_3
 
でもここしかないよね!?うむ、大丈夫でしょう!てことで確認終了。
ついでに覚悟をきめて併設してるトイレに入ってみたらとってもキレイでした!ホテル以外では初めてだったからドキドキした^^
(公衆トイレVND5,000/1人) 
 
 
そろそろごはん食べて休憩したいーーーと思いながらウロウロ。ちょうど本に出てた超人気店てとこを見つけたけど、だいぶローカルな雰囲気・・
 
B28
 
くぅ~入れない、、 敗れたり。。
 
 
 
 
 
少し歩いて、とりあえず1枚目のチケットをつかってオールドハウスにはいってみました。

11


タンキーの家(進記家)
200年以上前に建てられた中国広東省出身の漁師の家。現在は5~7代目が住んでいる。
日中の建築様式が融合しており、柱や格子に施された螺鈿細工が素晴らしい。ホイアンで最初に文化遺産に認定された家。
(香料の貿易で財を成した商人の家っていう記述も見かけるけど・・)

 
 

111

調度品も当時のものなんだって。ほぉ~そうとうなお金持ちの家だね。
たしかに建物は日本風でもあり、豪華な家具や装飾は中国ぽくもみえるね。中庭のあるお家いいなぁ。


 

さて今度こそ休憩しようってことで本にも出てた The Cargo Club に入ってみました。 2階に行くように言われて適当に座った。

A132

やや不調の私は考える力がなく無難にパニーニにしちゃった、、Nはベトナム名物‘バインミー’
バインミーはバゲットにたっぷり具材を挟んだベトナム風サンドイッチです。フランス統治ののちパン文化が広がりベトナムの食文化と結びついて誕生だって。

挟む用の葉っぱにはパクチーも入ってたはずだけどNはけっこう平気みたいだね!?
パニーニもバインミーもおいしかったー。だんだんドロッと濃いめのベトナムコーヒーにはまってきた。チョコ付きだった。ありがたや( ˘ω˘ )

(バインミーVND90,000 ダイエットコークVND30,000 パニーニVND85,000 ベトナムコーヒーVND60,000)

A341

暗くなったらトゥボン川の向こうのナイトマーケットに行くのだ~♪♪それまで頑張らねばヨʕ •́؈•̀ ₎

| | コメント (0)

ベトナム旅行3日目 朝。

3日目は今回のベトナムでいちばん楽しみにしていたホイアンに行く日ですʕ •́؈•̀ ₎
6時に起きてシャワーしてると、Nが「いま病院(オリバーのホテル)から着信あったよ」と。
え・・・(((゚Д゚)))
預けるときの書類に『ホテル中に体調の変化等、必要な場合は処置をお願いします』のような内容にサインしてきてるから、こんな早朝に電話がくるなんてよほどのことだ(ノд・。)どうしよう、、、ってめっちゃ焦った。
急いでシャワー済ませてその間にNに折り返してもらうと、
『夜中から下痢をして、少しごはんの食いつきも悪いので下痢止めの注射をして様子みます』という内容だったと。
なにかもっと酷い事態も想像したのでちょっとホッとして、同時に今までのホテルでは下痢とか食欲が落ちたりとかなかったのに・・・それだけ高齢のオリバーを不安にさせてるんだと思ったらつらかった(u_u。)
でも下痢ならきっと徐々に落ち着くはず。オリバーをこんな目に合わせてまでベトナムに来たんだから切り替えないと(;д;)

11_21_2

Don't disturbの印が木彫りのプレートとは可愛い




ホイアンまではホテルから毎日シャトルバスが出てるんだけどこの日は午後便しかなかったので12時にタクシーをお願いしておきました。
それまで時間もあるし敷地内を歩いてみよう

15

どこも手入れが行き届いていて気持ちいいな~






131

ちょっと歩いたらすぐ海がみえた!






1911

海につながってたけどここは入れないエリアでした






12_3

楽しそうだなわたし(*^-^)






171

こんなところに住んでたらストレスもないしのんびりいいだろな~というN。たまに来るからいいけどずっとじゃボケそうだよー、と私。
ずーっと忙しく働いてる人はそう思うよね、、。ぬるい毎日の私、すんまへん( ̄▽ ̄);へへ



部屋に戻ってゆっくりしてると、病院からメールが届いた

10

「お電話させていただいた通り、今朝から軟便のため下痢止めのお注射を打っています。その後はまだ便をしていませんが朝ごはんを食べてくれました。このまま落ち着いてくれるか様子をみていきたいと思います。また何かありましたらご連絡させていただきます」

おりばー(;ω;)
悪化はしてないよね。よかった。
そういえば、早6時の電話と思ってたけど、時差忘れてた。日本は8時過ぎてたのか(^-^;
はやく落ち着くといいな。
よーし行くぞホイアン

| | コメント (0)

2018年4月 4日 (水)

ベトナム旅行2日目(フエその2)

お昼ごはんのあとは

トゥドゥック帝陵
1848年から35年間在位した阮朝第4代皇帝トゥドゥック帝の墓所。生前に別荘として使用していたため他の陵とは違う趣。蓮池や釣殿がある。

112_4

のんびりお散歩。穏やかで良い雰囲気のところでした。


 

最後は

カイディン帝陵
第12代皇帝カイディン帝の墓所。石の階段の手すりには龍が刻まれ、階段には馬やゾウ、役人の石像が立ち、陵を守っている。内部にあるカイディン帝の等身大の像の下に遺体が安置されている。

131

西洋風の建物にもみえるけど漢字が書いてある。折衷な感じがおもしろい
 
 

 


14

あ、これだー。よくガイドブックに出ている石像。兵馬俑ぽいね。

 


 
 

16

この下にご遺体が安置されているそうです。

 
 

 

171

カイディン帝の像には金箔が。他、アジア各国から輸入した陶器やガラスの破片が張り付けられている。
とてもきらびやか!

 
 
 
 

11_8

これにてフエ観光終了~ ベトナムの歴史、勉強しないとナ。

ダナンに戻ります。
帰りの車の中でNと“これで終わりだよね?けっこう早く終わったね。夜はダナンの街うろつけるね”なんて話してたら、なんと夕食付でした( ̄▽ ̄)日程を把握してない私たち(笑)
にしても私たち含め皆さんまだお昼ごはんでお腹いっぱいだけど!?ってことでダナンについてからお土産やさんでおろされて、めちゃめちゃ日本語で売り込まれて、まんまとお買い物しました(笑)

 

31

少し車をとめてくれてドラゴン橋の写真も撮れた。夜はライトアップされて土日は火も噴くんだって!火はちょっと見てみたかったな。



 

まだあんまりお腹がすいてなかったけど早めの夜ごはん。

341

おそらく中部の名物ミー・クアンだね。葉っぱを混ぜて食べるそうな。幅広米麺。おいしかった♪
この日はローカルビール 333“バーバーバー”を飲みました。


 
 
 

351

ここでも器はバッチャン焼き。バッチャンにもいろんな色と柄があるね~
結局、大食いの私たちでも食べきれなかった( ̄▽ ̄); 残してしまって申し訳なかったわ;

ホテルに送り届けてもらい2日目終了

ベトナム好きだな~ たのしいなぁ~
 
 
----------

26

「今日も食欲もあり排泄もしっかりしてくれています。引き続きお預かりいたします^^」



おりばーー(ノд・。)

| | コメント (0)