« タイ旅行2日目 | トップページ | タイ旅行3日目後半 »

2018年1月30日 (火)

タイ旅行3日目前半

2013年3月8日 ツアー日程3日目 バンコク観光です。



バスから街の様子をみるのはとてもたのしい。

11_3
121
131
151

屋台が多いね~
タイでは食事は三食とも外でという家もあるくらい外食の国らしいです。
お店が多いし色使いが派手だったりで雑多で賑々しい。
こういうザワザワした感じも好きだなー

 
 

2121

ターティアン船着き場から渡し船にのります。
船着き場付近のレトロ感がたまらん
 
 
 
 

212_2




 
 
 

2111

Wat Arun ワット・アルン
チャオプラヤー川の西岸にある寺院。18世紀この地にトンブリ王朝を開いたタクシン王が自らの菩提寺として“ワット・チェーン(夜明けの寺)”と名付けたのが始まり。
象徴ともいうべき大仏塔はラマ3世が建造したもの。
塔の上部にはインドラ神の像が置かれヒンドゥー教の影響がみられる。



 

23

どこにいってもラマ9世 プミポン国王が大きく飾られています。
とても愛された国王様だそうです。


 
 

22

本堂
トンブリー王朝時代は王室守護寺院にもなったワットアルンだが、現在の本堂はラマ2世が建立したもの。
巨大な2体のヤック(鬼)が入口を守り本尊の台座にはラマ2世の遺骨が納められている。

 

 

26
24

ラマ4世の時代に陶器片のモザイクで飾られたそう

 
 
 
 

28

ものすごい急階段でした!
 
 
 
 
 

27

まったりねこちん
 
 
 
つづいて

Wat Pho ワット・ポー
1788年ラマ1世によって建てられたバンコク最古の寺院

11

ラマ3世が建立した大寝釈迦仏は悟りを開いた釈迦が涅槃に入る直前を表現したもの。全長46メートル、高さ15メートル。

 
 
 

 

11_2

大きくて写真に収めるのが大変

 
 
 
 
 

12_2

幅5メートル、高さ3メートルの偏平足。偏平足は悟りを開いた者のしるし。
足の裏に螺鈿細工で描かれた108の絵はバラモン教から発した仏教の宇宙感を表現


 

まったくもって信心深くない私だけど(笑)寺院の空気とか、どういう気持ちでこれを作ったのかなぁと考えながら仏像をみるのは好きʕ •́؈•̀ ₎

|

« タイ旅行2日目 | トップページ | タイ旅行3日目後半 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイ旅行2日目 | トップページ | タイ旅行3日目後半 »