« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

タイ旅行3日目後半

011_5

2013年3月8日

タイの寺院では露出の多い服装は控えるようにと読んでいたけど、いよいよいちばん厳しい王宮です。
服装NGだと入口でとめられ覆う布など借りるようです。
バスを降りたところからすごい人混み。

 

Wat Phra Kaeo & Grand Palace ワット・プラ・ケーオ&王宮

ワット・プラ・ケーオは1782年に着工し建立されたタイで最も格式高い寺院。
本堂に安置されている翡翠でできた本尊はもともとチェンライの仏塔から発見され幾多の戦乱に巻き込まれ各地を流転してきた。
1778年にラマ1世が戦利品としてラオスから持ち帰りこの寺に安置した。タイで最も霊験あらたかな仏像とされ王室と国家の守護仏として人々にあがめられている。


本堂

4131

エメラルド仏は高さ66㎝。金色の衣は3着あり季節の変わり目に国王の手で衣替えされる。
今まで大きな仏像ばかり見てきたから「小っさ!」って思ったけど(笑)小さい方が逆にありがたみがあるかもねʕ •́؈•̀ ₎?
 
 

プラ・シー・ラタナ・チェディ

1111

スリランカ様式の仏塔。ラマ4世がアユタヤのワット・プラ・シー・サンペットにあった仏塔を模して建てたとされる。
仏舎利(仏陀の遺骨)が納められている。(え、そうなの?ほんとに??)





プラ・スワナ・チェディ

211
211_2

ラマ1世が両親に捧げるために建立したといわれるワットプラケオ最古の仏塔。ただし現在のものはラマ4世が再建したもの。
みんなこのポーズで撮ってた♪
 
 
 
 
 

3111

金色の人は“キンリー”っていうヒンドゥ教神話の聖鳥だそうだ。こういう精霊(像)があちこちにいた。 

 
 
 
 
 

5

アンコールワットの模型
ラマ4世が当時支配下にあったクメール王朝の大寺院アンコールワットを模して造らせたもの。

 
 
 

ここからは王宮エリア

6121_2

チャクリー・マハ・プラ・サート宮殿
ラマ5世がチャクリー王朝100年を記念して建設した大宮殿。イギリスのヴィクトリア調の建物にタイ様式の屋根と尖塔がのった折衷様式。現在は迎賓館として使用。
 
 
 
 
 

61_2

他にもいくつか宮殿があったけど割愛します(笑)
広かったー。
アンコールワットがあったり、折衷な宮殿だったりおもしろい。
どうしてそうなったのか背景とか歴史を勉強してみたくなるね(* ̄ー ̄*)
 

 

71711

おそろしい数のバイクが信号待ちしてます
 
 
 
 
お昼ごはん

712

タイスキ??
バンコクのチャイナタウンが発祥で日本のすき焼きがその名の由来というが、日本でいう寄せ鍋に近く、中国広東地方の火鍋がルーツといわれる。ほ~

しかし今振り返ってみてもどの食事の記憶もほとんどない。うぅむ、、
普通においしかったことは間違いないと思いますʕ •́؈•̀ ₎ハハ

その後、バイヨークスカイホテル内にて南国フルーツビュッフェ

F1F14F15
F13F12_2F11_2

みたことあるやつないやつ いろいろ

 
 
 

F171_3

世の中フルーツ大好き♪♪ってひと多いのね~とつくづく思うけど私とNは普通くらいψ(`∇´)ψ(笑)

 
 
 

T1_2
T14_2
T16_3

旅行中、屋台で何かを食べるというタイミングはなかったけどいざその時になったらどうだったかな。ちょっと怖かったかな、、(* ̄ー ̄*);?
とりあえず屋台のビジュアルは最高!
 



夕食

222

タイセットディナー
 
 

 
 

212
214
216

タイ古典舞踊をみながらの夕食でした。
お面といい、男の人のメイクといいちょっとコワイ( ̄▽ ̄); コワたのしい

タイ舞踊の代名詞「ラーマキエン」とは・・
インドの叙事詩「ラーマヤナ」のタイ版がラーマキエン。
アユタヤ王国のラーマ王がロンカー王国の魔王トサカンにさらわれた妻のシーダを救い出す壮大な冒険物語。

 
 
夕食後ホテルの周りを歩いてみました。

220219

バンコクの夜。怖いわけではないんだけど何ともいえないちょっと落ち着かない気持ちになります。

| | コメント (0)

タイ旅行3日目前半

2013年3月8日 ツアー日程3日目 バンコク観光です。



バスから街の様子をみるのはとてもたのしい。

11_3
121
131
151

屋台が多いね~
タイでは食事は三食とも外でという家もあるくらい外食の国らしいです。
お店が多いし色使いが派手だったりで雑多で賑々しい。
こういうザワザワした感じも好きだなー

 
 

2121

ターティアン船着き場から渡し船にのります。
船着き場付近のレトロ感がたまらん
 
 
 
 

212_2




 
 
 

2111

Wat Arun ワット・アルン
チャオプラヤー川の西岸にある寺院。18世紀この地にトンブリ王朝を開いたタクシン王が自らの菩提寺として“ワット・チェーン(夜明けの寺)”と名付けたのが始まり。
象徴ともいうべき大仏塔はラマ3世が建造したもの。
塔の上部にはインドラ神の像が置かれヒンドゥー教の影響がみられる。



 

23

どこにいってもラマ9世 プミポン国王が大きく飾られています。
とても愛された国王様だそうです。


 
 

22

本堂
トンブリー王朝時代は王室守護寺院にもなったワットアルンだが、現在の本堂はラマ2世が建立したもの。
巨大な2体のヤック(鬼)が入口を守り本尊の台座にはラマ2世の遺骨が納められている。

 

 

26
24

ラマ4世の時代に陶器片のモザイクで飾られたそう

 
 
 
 

28

ものすごい急階段でした!
 
 
 
 
 

27

まったりねこちん
 
 
 
つづいて

Wat Pho ワット・ポー
1788年ラマ1世によって建てられたバンコク最古の寺院

11

ラマ3世が建立した大寝釈迦仏は悟りを開いた釈迦が涅槃に入る直前を表現したもの。全長46メートル、高さ15メートル。

 
 
 

 

11_2

大きくて写真に収めるのが大変

 
 
 
 
 

12_2

幅5メートル、高さ3メートルの偏平足。偏平足は悟りを開いた者のしるし。
足の裏に螺鈿細工で描かれた108の絵はバラモン教から発した仏教の宇宙感を表現


 

まったくもって信心深くない私だけど(笑)寺院の空気とか、どういう気持ちでこれを作ったのかなぁと考えながら仏像をみるのは好きʕ •́؈•̀ ₎

| | コメント (0)

2018年1月29日 (月)

タイ旅行2日目

2013年3月7日 ツアー日程2日目
出発♪

13

日によって新しめの車両の時もあればそうでない時も。↑これは当たりのだ^^

 
 
 
 
 
出発してすぐ窓越しにオリバー発見☆

131

フロントラインの広告だね ( ^ω^)

アユタヤまで約90分です。
 

ランチタイム。インターナショナルビュッフェ?(ツアーパンフレットに書いてあった)

141

タイごはんが始りました♪タイ料理ほぼ未経験。といってもここはインターナショナルというくらいで普通に何でもアリだったかな。


アユタヤ観光スタートです。

アユタヤ
チャオプラヤー川とその支流に囲まれたアユタヤはかつて王朝の都が置かれた古都。古くから水運の便を生かした水の都として栄え、17世紀にはペルシャやヨーロッパとも貿易を行うアジア屈指の国際都市へと成長。1767年、ビルマ軍の攻勢に敗れて王朝が滅亡。417年にわたる長い歴史に終止符がうたれた。
遺跡群は1991年からユネスコ世界遺産に登録されている。


Wat Phra Mahathat ワット・プラ・マハタート
1300年代後半に建てられた寺院。建立当時は境内中央に44メートルの黄金の仏塔があったが1767年ビルマ軍の侵攻によって破壊され今は壊された仏像や壁がそのまま残されている。

1511_2151215141515

仏塔があったと思われる場所を中心にこれを取り囲むように多くの仏像が置かれているが当時仏像の頭部には金箔が貼られていたらしくビルマ軍が頭部を持ち去ったため仏像は頭のない状態になっている。

 
 
 
 

1511

有名なアレだ!と盛り上がった。壊されて放置された仏像の頭が菩提樹に覆われたものだったのか( ˘ω˘ )、、

仏塔は先端の丸いクメール様式と尖ったスリランカ様式が混在

1513

うぅむ、いきなり見ごたえありでした。
 
 
 
 
 

1512_21511_31611_21612

あちこちたのしいなぁ~
 
 



つづいて象乗り

16112

象の背中は想像以上に高かった。
背中に乗って歩いてるときに象使い氏が写真撮ってあげるヨ!て感じでいうのでカメラを渡すと別の象使いにカメラを渡しこちらを撮って返してくれるのだけど
サービスと思いきやチップを象に渡すように言われた。そういうシステムだったのか(笑)

象に指示するときに耳の付け根辺りに金属のフック付きの棒みたいのガツッとひかっけて引っ張ってるように見えた。びっくりした、、
こんな大きな動物を操るというのはこういうことなのか。。いろいろ考えさせられた。


続いて

Wat Phra Si Samphet ワット・プラ・シー・サンペット

1711
1711_3

1491年に完成したアユタヤ王朝の守護寺院。現在残っているのは15世紀に建てられた3基の仏塔のみ。3人の歴代王の遺骨が納められている。

 
 

 
ワットプラマハタートもワットプラシーサンペットもタイムスリップしたような面白さと、破壊の跡がそのまま分かる無残な姿にちょっと怖さも感じました。

17132

しかし謎の私の服装、、なんでこれだったのかね( ̄▽ ̄);





Viharn Phra Mongkon Bophit ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット
ウィハーンは礼拝堂の意。1603年ラーマティボディ2世の命により既に造られていた巨大仏像が安置され完成する。が、ここもビルマ軍によって破壊され
その後再建されて1956年ビルマからの寄付もうけ礼拝堂が復元された。
建物の中にはプラモンコンボピット(大仏)があり多くの参拝客が訪れる。

1811_2

赤と白の鮮やかな色の礼拝堂 可愛い!
 

 
 


1812

高さ17メートルの大仏
 
 
 
 
 
 

1814

18152

たくさんの方がお祈りにきていました。とても明るい空気の場所でした。








1816

隣接するマーケット。なんてたのしい陳列や~






Wat Lokkaya Sutha ワット・ロカヤスタ 

1911
191

アユタヤ中期の仏像とされるが1767年に大部分が損壊し、現在の仏像は1956年に復元。
かつては寺院もあったとされるが今はその面影はなく、花や供物を置く祭壇のみがある。
 
 
 

 
19121

復元前の仏像もこの大きさだったのかな?すごい。

 
 
 
 
 
エレファントホーム 

2011

象のベースキャンプ エレファントホーム。
仕事をおえた象が戻る場所なのかな。街中から象が歩いて帰っていくのは見慣れない光景でした。

 
 
 
 
22_2

おなじみSINGHAビールと“シーフードの夕食”
あまり味は覚えてないな。普通だったのだろかʕ •́؈•̀ ₎ハハハ
それよりも、何日間か一緒に観光したり食事をとったりする同じツアーの方たちとの楽しいような微妙なような空気のことはよく覚えてる(笑)
こういうとき交流は必要最小限というタイプの人もいれば、やけにリーダーシップを発揮する人もいるね。
私(たち)はというと、趣味や空気の合いそうな人とか高齢の微笑ましいご夫婦とは自然にお話したくなるけど、どちらかというとワイワイ楽しみたい!ってタイプではないね。少しでいいです(笑)ハハハ 

 

食後にライトアップされたワット・プラ・シー・サンペットをみました。

231

これにて2日目の日程が終了です。たのしかったー

| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

タイ旅行1日目

2013年3月6日~10日 H.I.S.ツアーでバンコク&アユタヤ5日間行ってきました。
2013年です。5年前の話ですʕ •́؈•̀ ₎sweat01
今さらながら写真整理です。適当にはしょります(笑)

-----

高速バスで成田へ

1

18:05発 JL707便

海外旅行というと1998年のロンドン以来だから15年ぶりだ。
久々の飛行機緊張しました(* ̄ー ̄*);

 


111_2

機内食大好きーーー
業務用アイテム好きなので機内食のプレートとか器とか簡易お食事セットがたまらなく好き☆
 
 
 

東京-バンコクのフライトは約7時間、日本とタイの時差は2時間
日本時間1時半頃、タイ時間23時半頃到着。

12

スワンナプーム国際空港


現地係員さんと共にバスでホテルへ
初のアジア旅行。ワクワクしながら就寝。


翌朝。

11_3

宿泊は予約時にアップグレードした(プラス5000円)『バイヨークスカイホテル』 “タイNo.1の高さを誇る88階建て高層ホテル”だそうです。

新しくない(古い?)のもレトロで好き。もちろんちゃんときれいになってます。
空き状況によるのかやたらと広いお部屋でした。

 
 
そして朝食♪
 
1213

76階(か、78階)さすがに高い!バンコク都会だね

 
 
 
 
旅行というととりあえず朝食ビュッフェでMAXあがる ⤴⤴

1212

和洋中いろんなものがたくさんありました♪
朝からこんもり食べる私たち( ̄ー ̄)、、
 
 
 
 
 

1211_2

なんてことはないんだけど何かココ覚えてる。不思議な雰囲気だったな。
 
 

 
 
朝食後いよいよ観光にむかいますʕ •́؈•̀ ₎

12151

タイの方。ステキ。
(水彩画タッチに加工してあります)

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

のんちゃん

1月14日

午前中の用事をすませお昼頃makiちゃんに連絡してみるとのんちゃんが昨日も今日も安定してて調子がいいんだ(◎´∀`)ノとのことだったので
Nに運転してもらい車で東京にいってきました。

去年から早く会いに行きたかったんだけど、最近はオリバーも長時間の留守番が難しくなり(見えないのであちこちぶつかることと、トイレ問題などね)
いつにしようかと思ってるうちに年があけてしまったよ。

Nとオリバーは車待機でもよかったんだけどmakiちゃんに大丈夫だよー(o^-^o)と言ってもらったのでみんなでお邪魔しました。

2021222324_326_2

のんちゃんぜんぜん変わりなくてびっくりした!
いろいろと大変な状態も聞いてたので少し覚悟して行ったんだけど、お顔もほわっとした可愛いのんちゃんのままだったよヽ(´▽`)/
昨日はほんとに調子がよかったようで、痛そうでも苦しそうでもなくすごく嬉しかった。
makiちゃんも介護で大変なはずなのにそんな様子をみせず。すごいなぁmakiちゃん。

続きを読む "のんちゃん"

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

年末年始

年末年始

年々もはや大掃除しなきゃって気持ちすらなくなっている( ˘ω˘ );
やったことといえば実家から借りてきたケルヒャーで庭の塀のお掃除

2224_2

ほんとにきれいになるんだねー
威力がすごくて近くで当てすぎると塀がかけたりした( ̄▽ ̄);
 
 
 
 
251


261

あら!元はこんな色だったんだねʕ •́؈•̀ ₎?
庭ができて9年弱。ぴかぴかになりました。
 
 
あとは土間の窓ふきと片付け少々

12
13_3

ストレリチアが2か月近くたったのにまだ咲いてる。スバラシ!
 
  
 
 
お正月はNの実家に、次の3連休で私の家に行ってきた。 

1

家の周りは雪がなかったけど道中はさすがに雪景色。
おりばーのオシッコにおろしてみるとクンクンしながらつっこんでいきました。 
 
 
やっぱり家はおちつくねー(* ̄ー ̄*)
肩もみされて満足げなおりばーさんでした。

111

| | コメント (2)

2018年1月 4日 (木)

ことよろ

311

あまり更新していないと、オリバーどうしてるかなって心配してたよと時々友達が言ってくれるので(;ω;)
今年はちょいちょいUPしよう♪
インスタにしたらラクなんだろうけどそっちはもうちょっと考えるかʕ •́؈•̀ ₎
 

 
おりばー寝るシリーズ

12_213_2

ごはんとお散歩以外はずっと寝てます。
でも夜もちゃんと寝てくれるからありがたい。
春先はたまに深夜ウロウロしてたけど、私が一緒にリビングで寝るようになってからは安心したのか朝までぐっすり。
私も一人暮らしの時みたいでリビングで寝るの好きなんだよねー(* ̄ー ̄*)
寝室で電気消して、さぁ寝るのですドーン!みたいのは楽しくない。

今年もいろんなことに深刻にならず図太くへらへらポップに生きていこ~♪

282

ことしもよろしくお願いしまース

| | コメント (2)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »