« 那須旅行 CARO FORESTA VOLPE | トップページ | 梅雨入り »

2015年6月 3日 (水)

那須旅行 帰りに川越へ

ヴォルペをチェックアウト。
さー今日はどうしよー?

益子・真岡方面も考えたけど、オリバー的にやっぱりこの暑さじゃムリだね┐(´д`)┌ということになり。。

カートで動きやすいところということで、とりあえず那須ガーデンアウトレットに行きました。
冷凍しておいた保冷マットがいちおう効いていた。

その後は宇都宮で餃子食べて帰るか!?と一瞬盛り上がったけどそれもこの暑さじゃモロモロ大変だし、、


諦めて東北道佐野SAで餃子を食べる!

0_2
 

で、帰り道のついでに川越に寄ってみることにいたしました(*^-^)
雑誌を見るかぎり、オリバーもカートのまま街を歩けそうだしね。

着いた!想像以上に混んでる!何?お祭りか何か!?着物の若い子がけっこういたよ。
川越散策MAPを見ながら主な通りを歩きました。
無理にレトロ風に仕上げたみたいな感じがなくて、ちゃんと古い建物もたくさん残ってて見ごたえありました。

小江戸 川越

 

いろいろ見どころありましたが、いちばんシンボリックなのはコレかな?

172_3

 
■ 時の鐘 ■

“江戸時代の寛永年間(1624〜44)に川越藩主、酒井忠勝によって建てられました。現存の鐘楼は明治時代の川越大火の直後に再建されたもの。
約390年もの間時を刻み、今は1日4回(6時・正午・15時・18時)由緒ある音をきくことができます”
 
 

あとは写真をババッと。

11_211_312
15_2141_216
18211_220
2324_226
2912827
34_2331
32_3301_433_3


■埼玉りそな銀行川越支店(登録有形文化財)
大正7年(1918)に保岡勝也が設計し、第八十五銀行の本店として建設されました。「ルネサンス様式」の建物で、青緑色の塔屋が印象的です。

■蔵造り資料館(市指定文化財)
明治26年(1893)に煙草卸商が建てた蔵造りの家屋。現在は資料館として内部の構造や意匠をみることができます。

■菓子屋横丁
昭和初期には70店、現在は20数店が石畳の道に軒を連ねます。
ハッカやニッキ飴、煎餅、団子などの昔ながらの味が伝えられ、一歩足を踏み入れると誰もが子どもに戻れるような横丁です。

■亀屋本店
1783年(天明3)に創業した、旧川越藩ご用達の老舗。和菓子屋の多い一番街のなかでも最古参を誇る。


途中焼きだんご(1本50円)を食べました。醤油&味噌味で香ばしい♪

あと帰り際に いも恋 買いました。
その場で食べる用のあったかいのと、持ち帰り用を。

中にさつま芋がずっしり入ってて皮ももっちりおいしかったー!

いも恋

363


そんなこんなで那須旅行が終わりました。
おりばーいっぱい連れ回しちゃったね。おつかれちゃん。

またいつかどこか行きたいな〜♪

|

« 那須旅行 CARO FORESTA VOLPE | トップページ | 梅雨入り »

旅行」カテゴリの記事

コメント

餃子!
おいしそう!
川越散策。
素敵な街並みですね。
オリバーちゃんも満喫できたかな。

投稿: モモのパパ | 2015年6月 6日 (土) 03時09分

★モモのパパさん

おいしかったですけど、
せっかくなら宇都宮の餃子街?で食べたかったです〜^^

川越よく古い建物を保存出来てたな〜と思いました。
暑かったけどオリバーもどうにか・・^^;

投稿: achako | 2015年6月10日 (水) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 那須旅行 CARO FORESTA VOLPE | トップページ | 梅雨入り »