« タラザカム プシュドロゼウム | トップページ | 小瀬でサクラ。 »

2014年4月 9日 (水)

ウンベラータとベンガレンシス、挿し木。

冬の間からあたたかくなったら観葉植物のお手入しよーと春になるのを待ってました。

まず、いちばん気になってたフィカスウンベラータとフィカスベンガレンシス。

341

ウンベラータは夏になると葉が茂りすぎて重みで枝がさがってたし
ベンガレンシスは買ってから5年以上放置してて(水やりのみ)、根詰まりもしてるだろうし、何より恰好が悪い。

思い切って切りつめたいけどまずは挿し木と取り木を。

ネットで調べると、挿し木で簡単につくと書いてあったり、挿し木では難しいので取り木がよいと書いてあったり。

まぁとりあえずは手軽に挿し木にしてみよーってことで。
 

35

枝をカットして樹液は水で洗い


36

いちおう発根促進のために“ルートン”をつけて
 

 
 

37

赤玉土にさす。

葉っぱは1枚程度残すか、大きい葉っぱは半分にカット。
(葉がたくさんあるとそっちに体力使っちゃうってことだろね)

全滅をふせぎたいので一カ所だけ(ウンベラータの)取り木も。

301

皮をはがして湿らせた水苔で巻いてビニール袋で覆う。
乾いたときはビニールの上部をあけて水分を足す。

こんな感じで合ってるよねー?

挿し木も(多肉以外)取り木も初めてだから失敗しそうな気もするけどいけそうな気もする〜(* ̄ー ̄*)

本体の方は、取り木が成功したらその後にちょっと短く切り詰めてみよう。
んで、この春〜秋はベランダに出してみようかなー。


331

|

« タラザカム プシュドロゼウム | トップページ | 小瀬でサクラ。 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タラザカム プシュドロゼウム | トップページ | 小瀬でサクラ。 »